交通事故治療、どう違う?整骨院と整形外科

病院に行ったけどよくならなかった…そんな方はひたちなか交通事故接骨院.comへ

交通事故漫画

接骨院と整形外科の大きな違い

交通事故でむち打ち症になってしまったときの治療を行えるのは、接骨院?それとも整形外科?

実は、接骨院や整骨院、整形外科はどちらもむち打ち症の治療を認められた医療機関です。
では、接骨院と整形外科の違いとは何なのでしょうか?

それは「医療行為を行うことができるか」という点です。
整形外科が医療行為を行える期間なのに対して、接骨院は医療行為を行うことができません。
例えば整形外科ではレントゲンを取ることも投薬を行うことも出来ますが、接骨院ではそれができないのです。

しかし、接骨院にはデメリットばかりではありません。むしろ接骨院だからこその良い点もあるのです。

接骨院にできること

接骨院や整骨院を選ぶポイントの一つとして、目に見えない不調を改善することができるということが挙げられます。

交通事故などが原因で発症してしまうむち打ち症等の症状は、その多くが目に見えない不調として現れます。例えば痛み、倦怠(けんたい)感、手足の痺(しび)れや疲労感などです。
先述のように、整形外科ではレントゲン撮影を行って骨の仔細な状況を視覚的に調べることができます。
しかしながらレントゲンでは筋肉の損傷や神経の圧迫などを調べることは難しく、そのせいで目に見えない不調は異常なしと判断されてしまうことも少なくありません。
病院で異常なしと診断されたのだから……と諦めてしまう人もいるのです。

接骨院では患者さんにしっかりと問診を行い、筋肉を触りながら負荷や圧迫を把握していきます。
そのため、たとえ目に見えない不調でも患者さんの声を真摯(しんし)に受けとめて不調を解消する方向へと向かって行くことができます。

また、むち打ち症は事故に遭ったその場で症状が現れずに数日たってから発症することもあります。
そんな厄介な特性があってか、自分の不調の理由が分からずに困ってしまう人が多いです。
自分でも何が原因で不調になっているのか分からないのに、病院の検査にも引っかからないのではどうしようもありません。

ですが接骨院では筋肉や神経、骨格などのさまざまな部位からアプローチをすることによって根本的な原因を突き止め、症状を解消することができます。
マッサージや深層筋、神経にアプローチする施術は即効性もあるために、急激な痛みも緩和することが可能です。

接骨院では投薬をしないということもポイントの一つに挙げられるでしょう。
薬を使わないからこそ健康的で、さらには改善後のセルフケア指導も行っていますから終わった後まで安心して治療を受けることができます。

交通事故治療に関しては自賠責保険を適用することができるので、ひたちなか市にある当院では窓口負担はありません。
交通事故の治療でお困りの方はお気軽にご相談ください。

ひたちなか交通事故接骨院.comへのお問い合わせ

このようなお悩みをお持ちの方は、今すぐ当院にお越しください。電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ