もしも交通事故に遭ったら必ずすべき5つのこと

早期回復の為の初期治療が大切です|ひたちなか交通事故接骨院.com

漫画6

事故に遭ったら|5つの手順

交通事故の危険はどこにでもあります。
まさか自分が、などと思わずに、常日頃から交通事故への対応法を身に付けておきましょう。

1.警察へ連絡

交通事故を起こしてしまったり、また巻き込まれてしまったら迷わず警察へと連絡を入れてください。
連絡を怠ると、交通事故によるけが・後遺症の治療を行う際に必要な「交通事故証明書」を発行してもらえなくなり、保険が適用できなくなってしまうことがあります。

お金の心配をせずに治療を受けるため、しっかり連絡しておきましょう。

2.その場しのぎをしない

普段から意識しているものではない交通事故。
多くの人は事故に遭ってしまうとパニックに陥ってしまうことでしょう。事故を起こした本人からすると大事にしたくないために、その場で示談にして終わらせるということも少なくありません。
しかしながら、その場しのぎのような判断は正しくありません。

理由の一つに、治療のことがあります。
その場の示談で終わらせてしまう場合には車の修理代と+αで手を打とう、などと考えがちですが、それは大変危険です。
たとえ事故の規模が大きくなく衝撃もそれほどなかったと本人が感じていても、身体(特に首)に掛かる負担というものはかなり大きなものです。
交通事故による症状は数日たってから現れることもありますから、それから示談をしても遅くはありません。

そしてもう一つに、警察への届け出の義務があるということです。
これは加害者側にあるものですが、いくら小さな事故だったからといってその場で終わらせていいようなものではありません。
また被害者側は警察から交通事故証明書を発行してもらわないと、治療に際して保険の適用をすることができなくなってしまいます。ですから、必ず警察へと連絡をしてください。

3.保険会社へ連絡

交通事故を起こした場合、巻き込まれた場合のどちらでも保険を適用することができます。
また、治療を受ける際には通う病院・接骨院の情報を提供しておくことも必要になりますので、保険会社へはこまめに連絡を取るようにして下さい。

4.病院で診察を

むち打ちなど、交通事故が原因の症状は事故から数日経って発症することが多いです。
さらにそれらの症状のほとんどは目に見えない身体の不調となって現れることが多いです。ですから事故に遭った当日に必ず医療機関で診察を受けてください。

ひたちなか市にある当院では他院や病院への転院・併院をすることができます。

5.接骨院で治療を

交通事故の症状というものは、事故の規模や患者さんの体格などが関係して一人一人違った症状が現れます。
当院では一人一人に対して適切な施術メニューを展開しますので、安心して治療に専念することができます。

問診を始め、患者さんの症状を緩和させるような手技を用いて治療。またリハビリなどの指導もしており、日常生活で気をつける注意点をお伝えします。
しっかり身体を癒やして、事故前のお身体に戻りましょう。

ひたちなか交通事故接骨院.comへのお問い合わせ

このようなお悩みをお持ちの方は、今すぐ当院にお越しください。電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ